FC2ブログ
コンテントヘッダー

【本】江口寿史さんの最新画集「STEP」

江口寿史先生の最新画集が届いた。
まあ、特に急ぎでほしかったわけではないから
良いものの、3月中旬に楽天のショップに予約していたのに、
発売日の翌日に発送という遅さだ。

先生のツイッターのフォロワーからは続々と「届いた」、
「購入した」という報告があがってきてたので、
4月24日の発売が遅れたというわけではない。
やはりこういう本は楽天ブックスに注文するのが確実だなと思った。

▼初回版としてダブルカバー
 ツイッターでの先生の希望により買った人の楽しみのために、
 ネットでは見せないでほしいという意向から、
 2枚目のカバーは自粛する。
IMG-1651.jpg

▼モノクロのページもあるが、2,000円という値段で
 なかなかのボリューム。2015年以降の作品150点を収録
IMG-1656.jpg

私も先生のイラストの影響を受けて、”らしい風の”イラストを
描いていたことがある。
以後イラストというよりはリアル系に移行したが
やはり先生のイラストは見ていて楽しい。
買って良かった!

step ー Eguchi Hisashi Illustration Book - [ 江口 寿史 ]

価格:2,160円
(2018/4/29 23:43時点)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いいたします。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

【雑誌】「所ジョージの世田谷ベース」のVOL.37 人生に役立つ言葉でいっぱい

まだ4月なのに暑い日が多い。きのうきょうとかなり暑い。
日曜はもっと暑くなるというから、暑いのがきらいな私は憂鬱だ。
春らしいちょうどいい日というのは年々減っている気がする。

私は週に1回程度は本屋さんに行くのだが、
先日、BSでも放送中の好きな番組、「世田谷ベース」の
雑誌版の新しい刊があったので、パラパラ見てみると、
今回は「所さんのお悩み相談室」という内容で、
いつもとは趣向が異なるようなので、気になって買ってみた。
所ジョージさんは、多くのレギュラー番組をもっているが、
BSで放送している「世田谷ベース」が最も所さんらしさを
表現できている番組だろう。
その番組の中でも数々の名言を放っていることから
この雑誌の内容もそうであろうと期待して買ったのだが、
まさにその通りであった。
若い人には説教くさいと思われる内容かも知れないが、
経験を重ねてきた人の言うことは説得力がある。
この雑誌で書かれている内容も、いつもの所ジョージ節が
ブレなくあふれ出ている。
そうその通りと思うところもあれば、なるほど、そうだよなと
思うところもあり、生きていく上での役立つヒントがたくさんある。
特に所さんが常々言うのは、お金でも環境でも、
変えられない状況があるなら、それを嘆いてもはじまらないので、
その枠の中で楽しんだほうが勝ちなんだよ、ということだ。

そういう意味では、4月から暑い、うんざりすると文句言っても、
お天道様が、じゃあ涼しくしましょうとはしてくれないのだから、
4月から美味しいアイスでも食べようとか、ビールが美味しく飲めるとか
そういうふうに考えたほうが楽しく生きられそうだ。

所ジョージの世田谷ベース VOL.37

価格:1,000円
(2018/4/21 23:30時点)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いいたします。
コンテントヘッダー

【コミック】Change!/曽田正人 コミック高くない?

ひさしぶりにコミックを買った。
コミックはもとより、雑誌や小説(文庫、単行本)もほぼ買わない。
ぜったいに邪魔になることがわかっているからだ。

しかし曽田正人先生の新しいマンガとなれば、
これはもう読まずにはいられない。
ただ前作の「テンプリズム」というファンタジー系、
と言っていいのかどうかだが、その手のものは
映画でも興味がないので読まなかった。

ただ今回は実際の現実的な話で、例をあげれば、
自転車ロードレースの「シャカリキ!」、消防士の「めぐみの大吾」、
バレエダンサーの「昴」、レーサーの「カペタ」など私にとって
胸を熱くさせてもらった名作を描いてきた先生だ。

しかし実は今回の物語の詳細はほとんどわからない。
知り得ている情報から予想するのは、
ラッパーの女子高生の物語・・・かな。

小さい頃から感じているが、コミックは出るのが遅い。
まあ雑誌に連載しているのだから当然だが、
1巻を読んで次が出るのを数ヶ月待って、2巻、
また数ヶ月待って3巻では最初の方を忘れてしまう。
なので、ある程度巻がまとまってから読もうと思う。

▼Change! 1巻(月刊マガジン連載中)
IMG-1484.jpg

だが、ある程度発売されてから、あるいは完結してから
まとめて買おうと思うと、支払額が大きくなんだかためらう。
コミックって発売されるタイプによって違うのかも
知れないが、今回、税込みで648円って意外と高いな。
いつの間にこんなに高くなった?
子どもたちはお小遣いで買えるのだろうか。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いいたします。
コンテントヘッダー

【小説】「エミリの小さな包丁」、「たまちゃんのおつかい便」/森沢明夫

昔、コミック雑誌を読んでいたころ、「いいひと/高橋しん」
という漫画が連載されていて、テレビドラマ化もされたので、
人気のあった漫画であったが、好きな人には申し訳ないが、
個人的には私はこの漫画がとても苦手だった。

とにかく会社員の主人公をはじめ、出てくる登場人物が
みな文字どおり「いいひと」ばかり。
しかし、どんなに小さなコミュニティでも嫌なやつはたいていいる。
私の勤めている部署でもそうだ。それがストレスにもなっている。

なのに、この漫画に出てくる人物は毒のない人ばかりだ。
こんな世界あるかよ、作者は社会を知らないのかと思っっていた。
この漫画がドラマ化された際、主人公が著しく改変されていたことに
激怒した作者は、原作テロップを流すことを許さず、
連載もやめてしまうほどだったと先ほどウィキペディアで知った。
どうやらテレビ業界には、いいひとはいなかったようである。

好きな小説家の一人に森沢明夫さんという方がいる。
以前、カーリングの小説がないかなと探したときに
「青森ドロップキッカーズ」という青春小説を見つけ
図書館で借りて読んだ。
カーリングの場面が文字であり、詳細なルールを知らなくても
問題なく読めるとても面白い小説である。
以後、文庫本を購入したのだが、私はこの作家のファンである。

今回読んだ「エミリの小さな包丁」は、都会で心を痛めた
20歳代のOLが、子供の頃以来あっていない一人暮らしの
祖父の実家へ帰るという話である。
また、「たまちゃんのおつかい便」は、買い物難民と呼ばれる
高齢者の人たちの役に立ちたいと大学を中退して地元に
戻った女性が移動販売車事業を立ち上げるという話だ。

どちらの小説も、彼女たちを取り巻く人が、例の漫画のように、
“いいひと”ばかりなのである。
それでもどちらの小説も各ポイントで涙腺を緩ませ、
さわやかな感動を生む。
とても気持ちが癒される素敵な小説であり、
誰かのために生きることは大事なことだと改めて感じる。

「いいひと」が連載されてきたときから、私もさまざまな
経験をしてきた。今、再び「いいひと」を読んだら、
苦手意識もなく、とても癒されるかもしれない。
あんなコミュニティの世界などないと思うのは、
自分の心の問題なのかもしれない。
森沢さんの小説の言葉をアレンジして言えば、
「自分のおかれた環境を変えることはできないけれど、
気分を変えることはできる。」
どんな世界であるかは、自分の心持ち次第、
わかっていることだけど、改めてその通りだと思えた。

エミリの小さな包丁 [ 森沢明夫 ]

価格:1,728円
(2018/1/14 22:30時点)



たまちゃんのおつかい便 [ 森沢明夫 ]

価格:1,728円
(2018/1/14 22:30時点)




▼森沢さんの作品で最初に読んだ小説

青森ドロップキッカーズ (小学館文庫) [ 森沢明夫 ]

価格:668円
(2018/1/14 22:35時点)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いいたします。
コンテントヘッダー

【ブック】かがみの孤城

いつの時代でもいじめはある
私が学生の頃は性格が悪かったり、考え方や行動、
見た目が人と違ってることで、その標的とされたものだが、
いまはもっと単純なこと、いやほとんど理由もなしなのか、
そんないじめが行われている。
ましてやSNSなどが普及しているいま、
裏で繋がっている分、昔のいじめよりもタチが悪く陰湿だ。

そういう子たちが学校に行けなくなるのは、
不思議でもなんでもない。
よく聞く言葉だが、自ら命を経ってしまう子に対して、
大人達は卒業してからの人生のほうが長く、
これから楽しいことだだってたくさんあると言う。
まあ、それは確かに言葉の上ではそうだろう。

実社会はさまざまな関係のコミュニティがあり、
さまざまな世代とさまざまな人とコミュニケーションを
持たないといけない。
そういう世界で生きている私たちからみれば、
学生時代、学校というのは実に狭い世界である。
だからこそ息苦しいし、だからこそ逃げ出せない。
自分にやすらぎを与えてくれる場がない。

子どもにとってその1日、1ヶ月は、私たち大人が
感じてる時間より長い。
ましてや辛い思いをしている1年間など、
それはもう途方もなく長い時間のはずだ。
毎日そんな時間と耐えるのかと思うと、
彼らが絶望的な気持ちになるのは無理もない。

大人は、「この先の人生ではもっといいことがある」、
希望を持たせようと、そう言うのかもしれないが、
子どもたちの気持ちに寄り添えてはいない。
彼らに必要なのは未来の話ではなく、今この瞬間の幸せだ。

辻村深月さんの「かがみの孤城」は、
それぞれが悩みを抱えた中学生たちが、願いの叶うという城に
集められる話である。 ファンタジーな世界観でありながら、
ファンタジーを好まない私でも、若者たちの心情を
うまく描くその力量にグイグイ引き込まれる
序盤のゆったりとした、それでいて緊張感のある流れから、
ある事情が起きてからのラストまでは圧巻で
カフェで読んでいたら、何回か涙をこらえるのに必死に
なってしまった。
家だったら涙腺は完全崩壊していただろう。
この本を読むと、もし日々苦しんでいる子どもたちが
身の回りにいたら、彼らに何を言ってやれるのか、
どう寄り添ってやれるのかと、きっと考えることだろう。

そして悩んでいる人たちが、一人ではないんだ、
一歩踏みだそうという勇気を得られたら良いと思う。

かがみの孤城 (一般書) [ 辻村 深月 ]

価格:1,944円
(2017/10/8 00:03時点)




辻村さんの作品ではこれも面白かった。
アニメ製作現場を舞台にした熱い物語。
図書館で借りて読んだあと、文庫化されたら買おうと
思っていたので、購入。

ハケンアニメ! [ 辻村 深月 ]

価格:950円
(2017/10/8 00:04時点)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いいたします。
プロフィール

スタハチ

Author:スタハチ
性別:男性
職業:会社勤め
好きな邦楽:大瀧詠一/柴田淳/カーリージラフ/山崎あおい/新山詩織
好きな洋楽:ジャクソン・ブラウン/カントリーミュージック全般
好きな作家:横山秀夫/池井戸潤/原宏一/宮下奈都
好きな食物:麺類/豆腐

Pewered Byigosso

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

シマンテックストア
▲パソコンのセキュリティに①

ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ
▲パソコンのセキュリティに②


▲BIGLOBE高速モバイルWiMAX


▲予約でお安く


▲もし自転車通勤でケガをしたら?

WOWOW
▲インターネットもいいけど


▲お店に行くより郵送でレンタル


▲入会でお得な【楽天カード】


★月々263円からオンラインショップを運営!
高機能カート・クレジット決済が簡単導入

デル株式会社


デル株式会社
▲デルのノート