FC2ブログ
コンテントヘッダー

【映画】カメラを止めるな!(ネタバレなし)

カメラを止めるな!
★★★★(★は4つで満点)

私はTOHOシネマズのシネマイレージカードを持っているが、
支払いはいつも楽天ペイを利用していたので、
セゾンカードとセットとなっているカードでは、セゾン支払いを
しなければ、”映画6本観たら1本タダ”の恩恵に与ることは
できないと思っていた。

ところが先週チェックすると、なぜか13ptも貯まっている。
これって2本分(6pt×2)は無料で映画が観られるってことだ。
なんだ、支払い方法はセゾンでなくても良かったのか・・・。
(と言うかいつ13本も観たんだっけ?)

先週の金曜からだったが、今日月曜も有給休暇で、
短い夏休みをもらっていたので、早速何か映画を観てみるか、
と考えたが、考えるよりも、もう今はアレしかない。

ということで、今、話題の「カメラを止めるな!」を観ることにした。
前日(日曜)の晩、23時頃、TOHOシネマズ上野の月曜午前の
初回上映分を予約した。
このときの座席確定の図では比較的空いている感じだったが、
実際に行ってみると、8割以上の席が埋まった感じだ。
この平日の初回(9時40分~)からすごいなと思ったが、
夏休みをズラして取る人も多いのだろう。

ちょっと話しが違うが、西新井や上野ではVITという
インターネットチケットの発券機を利用している人が少なく、
当日に券売機で買っている人のほうが多いように思う。
ネットでゆっくり選んだほうがラクなんじゃないかな・・・。

肝心の映画だが、”おもしろい”とここ数日テレビでかなり取り上げられ、
中には、「おもしろいと聞いてハードルがあがっていても、
それでもそこを超えてきた」とタレントまでいた。
そこまで言われては、期待せずにはいられない。

結論から言うと、確かにその通りであった。
期待しても十分期待に応えてくれる。
ゾンビ映画と言っても、コメディ映画でもあるので、
回りを気にせずもっと声を出して笑ってしまえばよかったなと思う。
散らばった伏線の回収が実に楽しいのだが、
未見の人のためにもここはこれ以上書かないほうがいいだろう。

私自身、ゾンビの映画やドラマ、ゲームなどは好みではなく、
ほとんど観ないが、それでも十分楽しめるのだから、
好き嫌いではなく、気になったらぜひ劇場へと足を運んだほうがいい。

この映画は日本だけではなく、他の外国で上映しても
受け入れやすそうに思う。
これだけ多くの人が観ると、ネタバレもしやすくなることが
危惧されるが、おそらくネタバレしても楽しく観られる映画だと思う。
もっとも予備知識ゼロでいったほうがずっと楽しいには違いない。

有名な俳優でなくても(とは言っても皆個性あふれる)、
予算が少なくても、アイデア次第で映画はつくれるというのは、
よくある話だが、それが実際に形となった作品。
その点もあわせて満★とした。

民放法の深夜番組のような雰囲気もあるので、
じゃあ、テレビでやったときでいいだろうと思う人もいるかも知れないが、
テレビだとつい「ながら見」してしまうこともあるだろう。
劇場で集中して観たい。

▼主演の女性は、重盛さと美かと思った。なんか声も似てたし。
 しゅまはるみって人も鈴木京香にやや似だったなあ。
dott touch the stop button
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

【映画】ミッション:インポッシブル フォールアウト

ミッション:インポッシブル フォールアウト
★★★☆(★は4つで満★)

(ハリウッド映画の)続編に名作なし、と昔はよく言われたものだが、
ミッション:インポッシブルはシリーズ6作目の作品となる。
名作なしが本当なら、これほど続けられようはずもない。

私はスパイ映画はスタイリッシュでサスペンス要素が強いほうが
良いと思っているが、ミッション:インポッシブルシリーズは
アクションの要素がふんだんに盛り込まれているため、
エンターテインメント要素が強くなる。
でも、それで面白ければそれもアリだな、とか、そんなことを
考えることをねじふせさせる力がある。
息つく暇もないは言いすぎだが、それに近いほど、観客を
釘付けにさせ、うっかり居眠りさせることがない。

正直、このシリーズが大好きで何度も見直している
という人ならともかく、観たけど詳しい内容は忘れている、
という人も多いだろう。
それでも十分楽しめるが(私も観終えてから復習した)、
一応前作「ローグ・ネイション」の続編ということになっているので、
観ておけるなら観ておきたい。
それと過去作品で登場したイーサンと関わりのある、
ジュリアという女性については予習しておくと良いだろう。
(今回のフォールアウトの記事を書いたサイトでは内容の
ネタバレもあるので過去作の記事等で予習を)

トム・クルーズも50歳代半ば、多少頬も落ちてきている。
そういう意味ではシリーズは今回が最後になるかもしれない。
トムの勇姿をぜひ劇場で焼き付けてほしい。

今回、ジェレミーが他の映画の撮影スケジュールで
登場していないことでマイナス0.5

ミッポフォルアウ
コンテントヘッダー

【映画】劇場版コード・ブルー

劇場版 コード・ブルー
ドクターヘリ緊急救命 ★★★(★は4つ満星)

フジテレビで放送されていた「コード・ブルー」は1stシーズンから
観ていた。救命病棟24時など、医療系ドラマはテレ朝より、
フジテレビのものを観ることが自分は多いなと思う。

「コード・ブルー」はアメリカの人気ドラマ「ER緊急救命室」に
インスパイアされたようなシーンもあったが、
総じて厳しい医療の現場に直面することや、
患者たちの人生との関わりの中で、
若手のフェローたちが成長していく姿を描いた
日本らしい医療・人間ドラマである。

劇場版は1stシーズンから3rdシーズンまでの
集大成であり、安定した内容であるが、
意地悪な見方をすると、スペシャルドラマでの
放送でもいいかなとも思う。
でも最初からずっと見守ってきたファンとしては、
やはりお金を払って劇場に足を運びたくなるものだ。

この劇場版では、時間は人が思っているほど長くはなく、
伝えたいことは自分の言葉でしっかりと伝えたい、
また、努力を続けることで幸運が舞い込むことがある、
といった割とベタなメッセージが表にあるように感じるが、
人の生死を扱う「コード・ブルー」はその裏で少し現実的でドライだ。
言葉にしても思いがすべて伝えることはできないかもしれない、
努力が必ず報われるわけではない、
それでも言葉にしなければ、それでも努力しなければ、
始まらない、そういうことを訴えようとしていたと思える。

もしコード・ブルーが「ER緊急救命室」を意識しているのならば、
3rdシーズンで登場した若手フェローが中心となった
新シリーズというのもありかもしれない。
(ただ山pかガッキーのどちらかには出てほしいが。)

エンディングの曲はやはりミスターチルドレンの「HANABI」。
コード・ブルーの主題歌といえばこれであり、これしかない。
1stシーズンからずっとこの曲に固定されていることが
実にうれしい。
何かとタイアップで主題歌を変えてはダメだ。
私はミスチルのファンではないが、このHANABIほど
コード・ブルーにふさわしい曲はないと思う。
このイントロが流れてきただけで、コード・ブルーの
いくつものシーンが思い浮かぶ。
ただ、劇場版ではある映像と一緒に流されるので、
もう少し余韻に浸れるような感じにしてほしかった。

▼コード・ブルーのファンなら★★★と評価した
コドブ
コンテントヘッダー

【Blu-ray】「ギルバート・グレイプ」がようやく国内ブルーレイ化

2011年に、私が一番好きな映画「ギルバート・グレイプ」の
DVDの再販が決まったことを書いた
そのときもブルーレイを出してほしかったと書いたが、
ようやく今月ブルーレイの発売となった。

▼DVDも同時再発だが、ここではブルーレイのみ紹介。
 6月20日発売予定
 本編のみ(付録映像等なし)

ギルバート・グレイプ【Blu-ray】 [ ジョニー・デップ ]

価格:3,888円
(2018/6/10 22:17時点)




はじめてこの映画を観たのは、残念ながら映画館ではなく、
レンタルビデオだった。
当時、これまであまり映画を観てこなかったと思い、
毎週片っ端からレンタルしてきて、ある程度人並みには
観たなと感じていたときに、同僚にお勧めの映画がないか
聞いて教えてもらったものだ。

レンタル店ですぐに借りてきて観ると、この映画の雰囲気が
とても気に入って、2回続けて観た。
この映画を観たのがきっかけとなったのか、アクション映画や
子供だましのCGバリバリの映画より、こういう人間と人間の
かかわりを描いた映画のほうが好みになった。

さて、当時はDVDなどなく、VHSビデオである。
この映画を手元においておくことはできないかと考えたが、
昔の販売用VHSビデオは1万5千円ぐらいだった。
ビデオデッキは2台持っていたので、ダビングすればいいのだが、
当時のVHSビデオにもコピーガードがあったが、
ある方法でダビングすることにした。
本当に気に入ったものはオリジナルが持ちたい。
そのためダビングはしたものの、観る事はなく、
その後、中古ビデオやゲーム、本を販売しているお店を
休みのたびに回ってようやくレンタル落ちのビデオを
手に入れたときはうれしかった。
たまたま翌週にもみつけてそれも買った。
(ビデオテープはまれに絡まってダメになるので予備用だ)

その後、小説も(あることを知らなかったが)、たまたま古本屋で
見つけたものを手に入れた。

その後、DVDが発売されたことを知ったのだが、
まだ普及をし始めた頃で、プレイヤーを持っておらずやや高価であった。
ようやく買えるめどがついた頃にプレイヤーを手にいれ、
秋葉原のDVD販売専門店に買いに行った。まだネット通販などなかった。
買ったDVDのパッケージは、CDサイズのパッケージで、
これは気に入らなかったし、値段も5000円以上したが、
でも中古ビデオではない、デッキに絡まる心配のないDVDを
入手できるのだから、そこは目をつぶった。
というか、このDVDを観るためにプレイヤーを買ったようなものだから、
買わないわけがない。

その後DVDの普及とともに、オリジナルのDVDは廃盤となり、
長くネットではプレミア価格となっていたが、
2011年にDVD統一サイズのパッケージで1,000円程度で再販。
書棚に並べるのに、CDサイズは気に入らなかったし、
安かったので買いなおした。

それから7年経ってのブルーレイ版だ。
ずいぶんと長くこの映画とつきあってきたなあ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いいたします。
コンテントヘッダー

【映画】OVERDRIVE ここにもいるか吉田鋼太郎

オーバードライブ

 ★★☆(★は4つで満点 ☆は0.5)

オバドラ

映画「オーバードライブ」はノーチェックであったが、
ヘビロテで流れるTVCMで、ラリーを題材にした映画だと
いうことで興味がわいた。
そもそもモータースポーツがそれほどメジャーではない日本で、
F1やGTカーではなく、ラリーカーを題材にした映画を
製作したことに驚きであると同時にある種の本気度を感じたのだ。

実際、ヨーロッパでは大人気でも、ラリーを題材にした
映画がこれまであっただろうか。記憶をたどっても
思い浮かぶものがない。
それを日本が製作したというのだから、WRCに参戦している
トヨタ自動車の宣伝活動も多少は含まれているのかも知れない。
(トヨタヴィッツは海外名はヤリスという名称で販売され、
 ラリーカーのベース車となっている。この映画でも車は
 ヤリスが主役だ)

前回も「祈りの幕が下りるとき(新参者)」(記事未記入)で
穴場の西新井TOHOを利用したが、今回は御徒町の
パルコヤ 上野PARCOのtohoで観てみることにした。

前日の晩に座席を予約した時点からわかっていたが、
この映画のスクリーンは空いていて(午前11:40上映の回)、
客数は50人ぐらいといったところだった。
おかげで快適に観られたのでこちらは満足だった。

映画自体は、想像してたよりガチガチの体育系、そして熱い。
ラリーに情熱をかける兄(メカニック)、弟(ドライバー)の物語だ。
日本にも全日本ラリー選手権があるが、この映画では
セイコーが冠スポンサーとなる架空の「セイコーカップ」という
カテゴリーを採用している。

主人公となる東出昌大と新田真剣佑(千葉真一の息子)が
兄弟という設定はちょっと無理があるなと感じる。
また、走行シーンも迫力があるが、首都高でラリーが行われるシーンが
あるなど、CGでの描画が多く、そこは残念。でも映像は迫力がある。
その迫力を支えているのが、低音の効いたエキゾーストノートだ。
これは多くの男性にはたまらないだろう。

総じて当然のことだが、この映画は車が好きなら観て損はないが、
それ以外の人に薦められるか悩むところだ。
この映画を観てモータースポーツに興味を持つ人が増えるといい、
おそらく製作側もそう思ってのことだろう。
車を速く走らせるのはドライバーの力だけではない、多くのメカニック
そしてスポンサーの資金があってのことだということも伝えている。

今後、電気自動車が普及していくと、ガソリン車のレースは
どうなっていくのだろうか。
ガソリン車であるからこそ、そこにあるドラマや絶え間ない開発、
そうしたことがこの映画には詰め込まれている。
そういう意味ではこういった映画が観られる(製作される)のは
今後ないかも知れない。
内容はそこそこであっても、この映画の存在意義は貴重だと思えた。
そして、やっぱり油にまみれたツナギと手は、
なんとカッコいいことだろうと思えた。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いいたします。
プロフィール

スタハチ

Author:スタハチ
性別:男性
職業:会社勤め
好きな邦楽:大瀧詠一/柴田淳/カーリージラフ/山崎あおい/新山詩織
好きな洋楽:ジャクソン・ブラウン/カントリーミュージック全般
好きな作家:横山秀夫/池井戸潤/原宏一/宮下奈都
好きな食物:麺類/豆腐

Pewered Byigosso

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

シマンテックストア
▲パソコンのセキュリティに①

ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ
▲パソコンのセキュリティに②


▲BIGLOBE高速モバイルWiMAX


▲予約でお安く


▲もし自転車通勤でケガをしたら?

WOWOW
▲インターネットもいいけど


▲お店に行くより郵送でレンタル


▲入会でお得な【楽天カード】


★月々263円からオンラインショップを運営!
高機能カート・クレジット決済が簡単導入

デル株式会社


デル株式会社
▲デルのノート