FC2ブログ
コンテントヘッダー

【ゲームハード】ネオジオ ミニ THE LEGACY LIVES ON.

レトロゲーム機の「ミニ」タイプはファミコン、スーパーファミコンと
発売され、セガの「メガドライブ」も発表されたが、
意外なところでSNKから「NEOGEO mini」が発売された。

NEOGEO(以下ネオジオ)と言えば、
特に格闘ゲームで名をはせたゲーム機である。
カプコンの大ヒットソフト、「ストリートファイターⅡ」の後発であるのに、
正統派の「餓狼伝説」、3対3のチーム戦の「キング・オブ・ファイターズ」、
大きなキャラが動く「龍虎の拳」、刀バトルの「侍スピリッツ」、
幕末の時代がテーマの「月華の剣士」等々、各々の格闘ゲームの
魅力をあげたら枚挙に暇がないほどであり、
格闘ゲームが下火となった今でも、根強いファンは多い。

▼ROMカセット
 当時は100メガ以上のROMカセットは高額だった。
IMG-1933.jpg

▼ROMカセットは1本あたり2万円~
 最終的には4万円台までいったと記憶している。
IMG-1936.jpg

▼ちなみにROMカセットの大きさはこんなにでかい。
 光ディスクとの比較
 ちなみにゲーム機本体も現役で使えるが、
 今は奥にしまってあって取り出すのが面倒だった。
 なお、ソフトが高額すぎるため、CD-ROM機も発売されたが、
 ロードが遅すぎるのでカセット派で私は通した。
IMG-1934.jpg

これらの格闘ゲームを中心に40作品を入れ込んだミニ版が
2018年初夏に発表されたのだが、驚いたのは3.5インチの
液晶画面が搭載(テレビにも映せるがケーブルは別売り)された上に、
全盛期に駄菓子屋等の店頭におかれていた筐体をモチーフにした
デザインとなっており、価格は税別で11,500円。想像より安い。

家庭用のネオジオは黒くて四角い大きなマシンであったが、
画面を付属させるとなると、そうした筐体を再現するのは
当然のことだが、それでもファンにはたまらない、よくぞやってくれた
という思いでいっぱいになるに違いないものである。

先行してアマゾンから予約受付が始まったが、予約初日の午後、
外出先からスマホで予約すると7月24日の発売日に対して、
私の場合は9月上旬のお届け予定となった。
すぐに手に入れたいわけでもないので、気楽に待とうかと
思っていたら、先週木曜日に、急遽アマゾンから
「明日(金曜)にお届けできることになりました」とメールが届き、
本日到着した。
なんとなく、予定よりは早くなるだろうと思っていたが、
その通りとなった。

▼特にコントロールパッドなども付属しない
 本体のみのシンプルなやつ。
IMG-1925.jpg

▼ゲーム紹介サイトではネオジオ好きが多く、
 さんざん紹介されていたので、特に実機を目にしても新鮮さはない。
IMG-1926.jpg

▼筐体に貼るステッカーと電源ケーブルが付属
 電源はスマホ等のモバイルバッテリーから取ることが
 できるが、充電はできない。
 コントロールパッドは別売りであるが、
 現在入手困難 なお1P、2P接続可能
IMG-1927.jpg

▼ステッカーを貼った感じ
IMG-1928.jpg

▼画面は比較的見やすいが、床に置くなどでは見えにくい。
 ある程度の高さに置いた上でプレイする。
 ついているスティックでも遊べないことはないが、
 私にはやっぱりやりづらい。
 パッドではなく、スティックも早くつくってほしい。
IMG-1929.jpg

▼テレビやPCモニターに映すHDMIケーブルは
 片方がA-C TYPE (片方が普通、片方がミニ)のものを
 用意する必要があるが純正は現在入手困難
 メーカーものでも流用可能だが、少々高い。
 秋葉原の千石電商(戦国伝承ではない)で2mを540円で購入
 問題なく映せたが、そもそももとがHDで作られたゲームではないので
 ドットの荒さが目につき、意外と見づらい。
IMG-1945.jpg

ネオジオミニ公式サイト

昔、友人と夢中になって対戦したネオジオのゲームが
今でも多くの人に愛されているとは、当時想像しただろうか。
私は今でもハード機もゲームソフトも持っているが、
それでもSNKのネオジオが好きだから、
購入しないわけにはいかなかった。

▼当時のSNKの熱さを感じるPS4での新作
 THE KING OF FIGHTERS XIV
 3Dモデリングだが、2Dの感覚で遊べる

THE KING OF FIGHTERS XIV

価格:6,531円
(2018/8/19 19:32時点)
感想(3件)


スポンサーサイト
コンテントヘッダー

【PS4/Vita】 ペルソナ ダンシング

当然のことながら、今、この時期はワールドカップロシア大会に
どっぷりつかっている。今回はNHK+民放で全試合放送なので、
実にありがたい。全試合はいえないが、ここまでほぼ見ている。
面白い試合も多いが、PKが多いのが気になる。

さて、今年の1月にペルソナ4ダンシングのPS Vitaのゲーム記事に、
5月発売のPS4版のペルソナ3ダンシング・ムーンナイトが
気になると書いた。

ペルソナ4 ダンシング・オールナイト - PS Vita




値下がりするだろうなあと予想はしていたのだが、
6月、7月はワールドカップロシア大会があり、
多くのことからこちらを優先するため、遊ぶ暇がない。
PS4でパワーアップしたグラフィックで遊んでみたい、
大きな画面で遊びたいという気持ちが勝ってしまい、
結局予約してしまっていた。

発売日からワールドカップ開幕までの期間で
プレイした感想では、3のキャラのほうが魅力的だったので、
購入した3に限ったものとなるが、3と5で内容に違いはない。

メインとなるダンスゲームのほうでは、前作の4と変わりない。
システムは慣れているので、すんなり入っていけた。
曲自体ははじめて触れたということもあり、私にとっては
4の音楽はゲームのそれとしては衝撃的だったが、
3もその延長線上、延長線上にあるのは4のほうだが、
要はだいたい同じ雰囲気の音楽で構成されている。

一方、やる気のおきなかったストーリーモードは、
キャラとの会話を楽しむコミュニティモードへなったが、
全体的なボリュームはPS4の少ないのではないかと思える。

やはりどうしてもいえることは全体的なボリューム不足。
最初から3,800円程度で販売されたら、文句もないが、
最初の販売価格が高すぎる。
その値段で売るなら、同時発売した5と合体したもので
販売したほうがよかったと思う。

さきほどPS4版をアマゾンでチェックしたが、
価格は特典等なしのノーマル版では3も5も5千円台と
なっている。
ただ、2、3日前までは早くも3千円に値下がりしていた。
おそらく在庫のダブつきが一定数ハケたので値段が
戻ったのだろう。

▼どんなゲームかはこちら
公式サイト

▼ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト PS4版

ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト - PS4



▼ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト PS Vita版

ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト - PSVita



▼ペルソナ5 ダンシング・スターナイト PS4版

ペルソナ5 ダンシング・スターナイト - PS4



▼ペルソナ5 ダンシング・スターナイト PS Vita版

ペルソナ5 ダンシング・スターナイト - PSVita



いずれも単独のノーマル版。
3+5のツインパックや、3+4+5のトリプルパックなどのバージョンもあり。
コンテントヘッダー

【PS Vita】ペルソナ4 ダンシングオールナイト

音楽ゲーム(リズムゲーム)が好きな者にとって、
ソニー系ハードでは、初音ミクdivaシリーズは
欠かせない存在、代表的な作品となった。

昨年はその集大成というべき作品FUTURE TONE DXが
パッケージとして発売されて、持っているのに購入した。
先に発売されたダウンロード版が遊ぶために、
PS4を購入したのだが、結局その後の追加楽曲などを
まとめて手に入れると4千円以上かかるため、
このたび発売となったパッケージ版は一通り入っているので、
パッケージ版を買ってしまえとなったわけである。
ちなみにセーブデータは共有できるので問題ない。
ただ、さすがに集大成だけに曲集が200曲以上と多すぎる。

先日、ゲーム情報サイトを見ていたら、ペルソナ3と5の
音楽ゲームが今年5月に発売されるとの情報がある。
そういえば、昨年「ペルソナ4 ダンシングオールナイト」という
音楽ゲームが気になってアマゾンのお気に入りに
入れておいたのだが、発売後の評判があまりよくなかったことから、
お気に入りから解除していた。
再び確認しようと見ると、値段もかなり安くなっていて、
評判を改めて読むと、音楽ゲーム部分は良さそうだ。
新作はPS4でも発売というし、それも気になる。
まずは安いから、こちらでどんなゲームか買ってみようと購入。

ここで断っておくと、私はペルソナシリーズを一度も
プレイしたことがない。
派生前の「女神転生」はやったことがあるが、基本的に知らない。
だからBGMも知らなければ、キャラもストーリーも知らないのだ。
でも、意外と楽しめるんじゃないかなという確信があった。
初音ミクDIVAシリーズも何の知識もなしに始めて、
どっぷりハマれたのだから。

そして先日届いたソフトをプレイしてみた。
ストーリーモードとは別に、フリーダンスモードがある。
アマゾンの評価でもストーリーには批判が多かったので、
こっちはやらないでいいかも知れない。

チュートリアル後、フリーダンスモードをはじめると、
む、難しい。すぐに点数が悪くて止められる。
やはり難易度をイージーからはじめないとだめか。
まあ、システムに慣れるまではそれが無難だろう。
イージーでプレイをしなおすと、問題なく最後までいける。
ただ背景の3Dモデリングされたキャラのダンスは
ほぼ見る余裕がない。
また、アマゾンでは曲の時間が長いとあったが、
確かに初音ミクシリーズよりは長いが、
このぐらいあったほうが曲の出来がいい場合は楽しい。

で、その感じの曲だが、想像してなかったが、
ほとんどが英語の歌入りでとてもカッコいい。
洋楽好きの私には何の抵抗もなくすんなり入ってくる。
あれ、ペルソナってRPGだよな、
こういう曲使ってるの? って不思議になる。
どの曲も非常に完成度が高く、これは音楽ゲームにとって
重要な要素である。
ただ残念なのは曲数が少ない。
同じ曲のリミックス版があって、踊り手が違うケースもあるが、
これで5千円以上で買うのは高すぎるかな。
あとでやってみてわかったが、ストーリーモードで
フルボイスなど、声優さんにお金を使ってるせいかなと思えた。
だから、「ファンアイテム」といった感想も多くなるわけである。
もっとも製作サイドもそのつもりなのかもしれない。

イージーはすべてクリアしたので、明日からはらノーマルの
攻略を進めたい。きっとこういうゲームの多くがそうであるように、
ホントのおもしろさは難しい譜面をクリアできるようになってから
感じられるものだ。

ペルソナ4 ダンシング・オールナイト - PS Vita

新品価格
¥2,222から
(2018/1/21 21:59時点)




ということで、同時発売の「ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト」
「ペルソナ5 ダンシング・スターナイト」が気になるところで、
今度はPS4版も同時発売される。Vita版とあわせて4種
これに双方組版や限定版などのさまざまなパターンが
発売される。
公式ページをみると、3の方が気になるが、
基本は4と同じ感じだ。値下がり待つほう無難かな・・・。
そもそも各ナンバリングで曲が少ないのであれば、
かつタイトルに「ダンシング」と音ゲーをアピール
(しているようにみえる)のであれば、3~5まとめて、
ストーリーモードを省いたダンスモードだけのほうが
売れるようにも思える。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いいたします。
コンテントヘッダー

【TVゲーム】ドラゴンクエスト11 そろそろ裏のエンディングか

ドラゴンクエスト11(PS4版)であるが、
平日は仕事が忙しく、夜は見たいテレビ番組も
あるので、なかなかプレイする時間が取れない。

従って土日に遊ぶことになるのだが、
毎週土日は雨でも雪でも必ず外出していたのに、
プレイ時間を確保するため、日曜日は午前中のみ
外出する。(一日中自宅にいるというのも気分が悪い)

現在のプレイ時間はセーブファイルを見ると、
すでに130時間を超えている。
後は最後のボスを倒すだけだが、まだ終わらない。
もちろん悪い意味ではなく、まだ楽しめているという意味だ。

今回のドラクエでは、途中で誰もがエンディングを迎え、
スタッフロールまで流れるのだが、
実はそれはある意味、バッドエンディングであり、
もっとハッピーに終わりましょうというのが裏面、
裏面というのは昔の言い方でこれが適当がわからないが、
一度エンディングを迎えさせて、プレイヤーに一段落ついたと
思っていただき、さらにその先も楽しめますよということが
用意されている。もちろんやらなくてもいいのだが、
おそらくやらない人はほとんどいないのではないだろうか。

確かにもうラスボス戦間近かなと感じたときに、
あれ、まだ「とくぎ」を全部覚えてないぞ、
あの呪文まだ覚えてないぞ、そう思うのだが、
その続きを楽しんでもらうためのシステムだったのかと
納得する。

都合上裏面と呼ぶが、その裏面ではレベル上げが
必要となるのだが、それは決して面倒な作業ではなく、
キャラの成長とあわせてレベルアップが行える上、
ストーリーを進めることで、鍛冶でより強力な武器や防具を
つくれるレシピも手に入る。
また、クエストというお使いや、メインストーリー以外の
サブストーリー、修練、馬レース、カジノなど、
飽きさせない工夫であふれている。
堀井さんも、2014年に亡くなられたドラクエが大好きだった
淡路慶子さんにもプレイしてほしかったと思われたことだろう。

やはりドラクエは、どのナンバリング作品をプレイしても、
ドラクエであることが素晴らしい。
前にも書いたが、山があり、川があるなど、
自然環境に囲まれた箱庭にいられる感覚のなんと心地よいことか。
1作目から何一つ変わっていないことだが、それが大切だ。
未来的な世界観の中でのドラゴンクエストなど誰も望まない。
そういうのは他の大作RPGにお任せでいい。

最初は画面酔いして、プレイのたびに気持ちが悪くなり、
これは続けるのがしんどいなと思ったが、
やはりこのブログで何度も書いているとおり、
人間は慣れてしまう生き物なので、今はまったく平気だ。
途中で放り投げなくてよかったと思っている。

終わってしまうのも寂しいが、同会社の「いただきストリート」が
あまり遊べていないので、まあそろそろいいかなと。
レベルも主人公が98 全員を99にしてラスボスに挑もうと
思うが、本当に楽しい時間をいただけたことに感謝したい。

▼PS4版

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて PS4版

価格:7,273円
(2017/11/20 00:21時点)
感想(301件)



▼3DS版

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS版

価格:5,618円
(2017/11/20 00:22時点)
感想(289件)




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いいたします。
コンテントヘッダー

【ゲーム】いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY

「いただきストリート」とは、ボードゲームで有名な
モノポリーのように、ボード上のマップを周回しながら、
不動産や株式を購入し、投資して資産を増やすという
ゲームであり、略して「いたスト」と呼ばれている。
ゲームデザインは、ドラゴンクエストシリーズの製作で有名な
堀井雄二さんである。

参加プレイヤーは最大4名。3名以下の場合は、
NPC(ノン・プレイヤー・キャラクター コンピューターが操作する
キャラ)が相手になる。
このゲームの運命を左右する主なものはダイスの出目だ。
序盤は小さく出てくれると、1つのエリア内に自分のお店を
揃えることができて有利に展開できる。
後半からは大きく出てくれると、周回数が早まり、
銀行からサラリー(ボーナス)がもらえる。

しかしそうそううまくはいかない。この逆の展開になることもある。
他のプレイヤーが建てたお店に止まると、買い物料を払わないと
ならないのだが、高いお店に2回連続で止まろうものなら、
たかがゲームなのに、ブチぎれそうになる。

これをコンピューターの出目操作などと言いだすとキリがない。
よく見ていれば、コンピューターが操作するプレイヤーが
そういう目に遭っていることもしばしばある。
まあ、ゲームだから、ある程度の出目操作はあるかもしれない。

だからこそこのゲームは友人や家族と一緒に遊ぶよりも、
コンピューターとプレイした方が気が楽だ。
人と遊ぶと、その人の出目が悪い場合、気の長い人ならよいが、
気の短い人はやる気をなくしたり、不機嫌になる。
また、ストリートのお店の交換交渉など意外と時間がかかる。
そうすると他のプレイヤーは「早くしろよ」と言いたくなる。
再度言うが、たかがゲームなのだ。
そうなんだけど、なぜか不機嫌になったり、やる気がなくなる。
そして早くダイスを振る順番が回ってきて欲しいと思う。
だから、コンピューターキャラが相手の時は、
セリフはばんばん○ボタンで飛ばすし、
ロクでもない店交換交渉をかけてくるコンピューターには、
何の忖度もすることなく、速攻断ってもまったく気にしなくていい。

さて、ダイスの調子も悪く、さほど自分の店もパッとしない。
そんなときこそ、何とかする、何とかできる場合のが、
このゲームの醍醐味だ。(最後までダメなときもあるが)

株をうまく買って他人の儲けに乗ったり、投資したりすることで、
形勢を逆転する。また、ここぞというときは思い切って
他人の店を5倍の金額で無理矢理買い取って、
投資できる自分の店を増やす。
私も序盤、中盤最下位で、そこから大逆転をしてきたことは
よくある。(これが何と気持ちのイイことか)

今回PS4とPS Vitaで発売された「DQ&FF 30th ANNIVERSARY」
これは、これまでの「いただきストリート」とほほ同じシステムだ。
ずっと遊んできた人は、完成されたシステムで安心して遊べるし、
いちいちルールを覚える必要もない。
古いハードでしか遊べなくなってるので、新しいハードで
出てくれることが助かる。

DQ&FFは以前にも発売されていたが、やはり、
ドラクエ、FF好きなら、BGMやキャラのセリフにニヤっとする。
(知らなくても十分遊べる。単にいただきストリートのシステムに
同社の国民的なゲーム2つの世界観を載せただけだから)

PS4とVitaでクロスセーブができるので(ただしソフトはそれぞれ必要)、
外出先でVitaで遊んだものを、帰宅してからPS4で続きができる。
ソフトをそれぞれのソフト買うと、1万円超えだが、
ボードゲームという性質上、終わりはなくずっと遊べる。

キャラもセリフをしゃべってくれるが、私はこういう声優のしゃべり方が
嫌いなのでオフにする。
(実際、こういうしゃべり方をする人間はいないからだ。演技しすぎ)
第一、テンポが悪くなる。早くダイスを振らせろ!
おっと、たかがゲームだった。

▼PS4版

いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY PS4版

価格:6,823円
(2017/11/11 23:11時点)



▼PS Vita版

いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY PS Vita版

価格:5,295円
(2017/11/11 23:12時点)



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いいたします。
プロフィール

スタハチ

Author:スタハチ
性別:男性
職業:会社勤め
好きな邦楽:大瀧詠一/柴田淳/カーリージラフ/山崎あおい/新山詩織
好きな洋楽:ジャクソン・ブラウン/カントリーミュージック全般
好きな作家:横山秀夫/池井戸潤/原宏一/宮下奈都
好きな食物:麺類/豆腐

Pewered Byigosso

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

シマンテックストア
▲パソコンのセキュリティに①

ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ
▲パソコンのセキュリティに②


▲BIGLOBE高速モバイルWiMAX


▲予約でお安く


▲もし自転車通勤でケガをしたら?

WOWOW
▲インターネットもいいけど


▲お店に行くより郵送でレンタル


▲入会でお得な【楽天カード】


★月々263円からオンラインショップを運営!
高機能カート・クレジット決済が簡単導入

デル株式会社


デル株式会社
▲デルのノート