FC2ブログ
コンテントヘッダー

【リスク回避】電車の乗車車両によるリスク

電車は安全な乗り物であるが、踏切を渡るとき、
レールを見ると、溝が浅くて、よく脱線しないものだと
感心する。仕組みはよくわからないが、
踏切で脱線をしたという話を聞いたことがないから、
これで十分安全確保されたものである。

ただ電車自体が事故を起こすことは多くなくても、
車が立ち往生したり、線路内に進入したり、
あるいは故意に線路内に何かが投げ入れられるといった
事故は発生することは一定数ある。

そうしたことことと、また過去に起きた事故を考えると、
電車の先頭車両から2両目ぐらいは避けた方が
自身の安全性は増すと思う。
では一番後ろが安全かというと、確かに「追突」という
事故はほぼないものだが、念のため一番後ろは避けたい。

・・・ということはよく考えていて心がけているのだが、
つい先日の土曜日、東武スカイツリーラインの
急行電車の一番前に乗った。

結果から書くと何もなかったわけだが、
竹の塚駅にさしかかる前、列車が警笛音(ブー)を鳴らした。
警笛音を鳴らすことはよくあることだが、
連続して警笛を鳴らし続けたかと思ったら、かなり強めの
ブレーキがかかり始めた。
「急停車します! 急停車します!」という自動アナウンスが流れる。
魔の竹の塚駅踏切ということで、心臓がドキっとした。
急ブレーキによって車体に強い負荷がかかって停車する。

アナウンスによると線路内に人が立ち入ったという情報である。
人か・・・、車等の物体でなくて安心した。
安全確認が行われ、7分間後に再び発車した。

なぜ踏切が閉まっているのにその人は立ち入ったたのだろうか。
自殺のためか。
東武スカイツリーラインの運転手さんたちは、過去に起きた
竹の塚駅踏切での事故はよく理解していることだろう。
きっとここに列車が近づく際は、他の場所よりも
気を引き締めていると思う。

ただそれでも列車に問題がなくても、人をはねた際に
先頭車両にいたら、やはり気持ちはざわついてしまう。
詳しくはとても書けないが、私は10歳代から20歳代にかけて、
3回ほどこれに関する現場を見たことがあり、
今でも忘れることが出来ない。

こうした駅や街中でのリスク回避は自分の中で
いくつかの決めごとがあるが、
まずは電車の1、2両目と最後尾に乗るのは避けようと思った。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いいたします。
スポンサーサイト
プロフィール

スタハチ

Author:スタハチ
性別:男性
職業:会社勤め
好きな邦楽:大瀧詠一/柴田淳/カーリージラフ/山崎あおい/新山詩織
好きな洋楽:ジャクソン・ブラウン/カントリーミュージック全般
好きな作家:横山秀夫/池井戸潤/原宏一/宮下奈都
好きな食物:麺類/豆腐

Pewered Byigosso

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

シマンテックストア
▲パソコンのセキュリティに①

ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ
▲パソコンのセキュリティに②


▲BIGLOBE高速モバイルWiMAX


▲予約でお安く


▲もし自転車通勤でケガをしたら?

WOWOW
▲インターネットもいいけど


▲お店に行くより郵送でレンタル


▲入会でお得な【楽天カード】


★月々263円からオンラインショップを運営!
高機能カート・クレジット決済が簡単導入

デル株式会社


デル株式会社
▲デルのノート