コンテントヘッダー

【エッセイ】私は小心者で汗かき屋

最近、暖かい日も増えたきたが、朝晩のことを考えて、
厚手のコートを着ると、電車の中がひどく暑く、
汗をかいてしまう。運動でかく汗は好きだが、
暑さでかく汗は大嫌いなので、やっぱり寒いほうが好きだ。
たいていの人は暖かいほうが好きだろうけど。

それでもまだ寒さも残るキンと冷えた先日の朝、
会社への通り道にあるセブンイレブンに寄った。
レジに出すと、会計額は¥230と緑のデジタル文字が表示。

財布の小銭入れの部分から、まず30円を取り出す。
店員さんはそれが見えたのだろう。
タカ タカ タカと音がする。
ん? 今230と打ったな(あるいは530かもしれない)。
いやちょっと待ってくれ、100円玉は1つしかなく、500円玉もない。

で、お札入れの部分からお札を引っ張ると、5000円が出てくる。
するとタカ タカ タカ タカと男がする。
ん? 今度は5,030円と打ったな。
いやちょっと待ってくれ、1,000円札があるかもしれない。
なぜだかあせってくる。

お札がもう1枚あったので、ひっぱると1,000円札だ。
するとタカ タカ タカ タカと男がする。
ん? 今1,030と打ったな。
いやちょっと待ってくれ・・・、いや待たなくていい。それでいい。
1,030円を渡す。

なんだ、このプレッシャーは?
寒い日なのに汗をかいてしまった。

なぜ、こういうプレッシャーを感じるかというか、
客の財布の様子から先を読んでレジを打っていることに
気づいてしまうのは、私もレジ打ちの経験があることから、
自分もこの店員さんと同じことをやってしまうからだ。
だから、なぜか早くしなくちゃとあせってしまう。
そんな必要ないのだが、小心者である自分はダメだ。
むしろ、1,030円で出そうとして、やっぱり5,030円で払うぐらいの
余裕をもてないとダメだろう。
もっともその場合、今度は店員さんの心の舌打ちが
聞こえてしまうのだろうけど。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ←よろしければ1クリックお願いいたします。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スタハチ

Author:スタハチ
性別:男性
職業:会社勤め
好きな邦楽:大瀧詠一/柴田淳/カーリージラフ/山崎あおい/新山詩織
好きな洋楽:ジャクソン・ブラウン/カントリーミュージック全般
好きな作家:横山秀夫/池井戸潤/原宏一/宮下奈都
好きな食物:麺類/豆腐

Pewered Byigosso

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

シマンテックストア
▲パソコンのセキュリティに①

ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ
▲パソコンのセキュリティに②


▲BIGLOBE高速モバイルWiMAX


▲予約でお安く


▲もし自転車通勤でケガをしたら?

WOWOW
▲インターネットもいいけど


▲お店に行くより郵送でレンタル


▲入会でお得な【楽天カード】


★月々263円からオンラインショップを運営!
高機能カート・クレジット決済が簡単導入

デル株式会社


デル株式会社
▲デルのノート