FC2ブログ
コンテントヘッダー

【つけ麺】孫作

つけ麺の「舎鈴」といえば、「六厘舎」系列のつけ麺店で、
六厘舎の濃厚スープに対して、毎日食べられることを
コンセプトにしたあっさりスープ(そんなにあっさりでもないが)を
提供するお店である。

舎鈴は店舗が多く、今も次々にオープンしており、
私も大手町や西新橋のお店を利用している。
ただ、西新橋のお店は今年の春ごろ、
お店の看板が逆さまに掲げられお店が閉まっていた。
あれ、つぶれてしまったのか、改装か、
それとも土日は休みにしたのかなと思っていたが、
それにしても看板が逆さまはあえてやっているとしか思えない。

どうやらこのお店は六厘舎の創業者と数名の精鋭者たちが、
新たなつけ麺をめざして新たにオープンさせるための準備中だったようだ。
(ネット記事の受け売りだが。)
で、しばらく忘れていたが、この土曜日に近くにきたので
どうなったのかと寄ってみると、看板は逆さ舎鈴のままだが、
お店は開店していた。
店名は6月に「孫作」となったとのこと。(これもネット情報だが。)

以前のお店と同様、店外にある食券販売機で
中盛(800円)と味玉(100円)を外の食券販売機で購入。
並盛り300g・中盛り450g・大盛り600g・
社長750g・会長900g・株主1050g
と細かく分かれていて、購入した450グラムでも
結構なボリュームである。1050gとか食べる人すごいな。

そしてつけ麺一本勝負と謳っているだけに
舎鈴にあった中華そばや担担麺などはなく、
まさにつけ麺のみである。

▼クリックで拡大
 東京都港区西新橋1-16-2
IMG-2089.jpg

六厘舎も舎鈴もおいしいつけ麺を提供しているが、
個人的に不満だったのは麺が短いことだった。
麺類を食べるときの楽しさは長い麺をつるつるっと
吸い込む感覚にあると思っている。

それが感じられる前に麺が切れているので、
それが不満だったが、ここの孫作では麺が長い。
ツルツルっと啜ることができる。これは良い改善だ。
スープはお肉と野菜の刻みが入っていて、
当然動物系と野菜の旨みがある。

事前の情報で魚介系は使っていないという話を知っていた。
私は魚介系スープが好きなのだが、どうかと思った。
まあ、でも試してみようと思って食べてみたわけだが、
これはこれで十分ありだなと思えた。
なんだかまだどんどん進化していきそうなので、
これからが楽しみ。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スタハチ

Author:スタハチ
性別:男性
職業:会社勤め
好きな邦楽:大瀧詠一/柴田淳/カーリージラフ/山崎あおい/新山詩織
好きな洋楽:ジャクソン・ブラウン/カントリーミュージック全般
好きな作家:横山秀夫/池井戸潤/原宏一/宮下奈都
好きな食物:麺類/豆腐

Pewered Byigosso

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード

シマンテックストア
▲パソコンのセキュリティに①

ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ
▲パソコンのセキュリティに②


▲BIGLOBE高速モバイルWiMAX


▲予約でお安く


▲もし自転車通勤でケガをしたら?

WOWOW
▲インターネットもいいけど


▲お店に行くより郵送でレンタル


▲入会でお得な【楽天カード】


★月々263円からオンラインショップを運営!
高機能カート・クレジット決済が簡単導入

デル株式会社


デル株式会社
▲デルのノート